「過」バランスを崩してしまう書き方とは?【美文字・ペン字】

こんにちは。

長谷川悠貴です。

 

本日は「過」です。

この字の1つのポイントは「けいがまえ」と言われる

「冂」←このパーツを書く際には「左より右」を長くしなければいけません。

この「左より右」は【文字の原則】になります。

文字の原則を無視してはいけないけれど、原則に従ってカッコ良さを十分に出してしまうと「過」の1文字にした時には逆にバランスを欠いてしまいます。

ここがこの文字の問題です( ゚Д゚)

 

原則を守りつつ、1文字としてのバランスを保つためには、

「抑える」

ことを意識することがポイントです。

 

左より右を長くするー!といって長さを付けてしまうと崩れてしまうので要注意です!

 

下記YouTubeにて詳しく説明しておりますにでご覧下さい(*^-^*)

 

《チャンネル登録、高評価いただけると嬉しいです♪》

 

投稿を作成しました 30

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る