「秀」の書き方となかなか上手く書けない「乃」のコツ【美文字・ペン字】

こんにちは。

長谷川悠貴です。

 

「秀」のポイントと「乃」の書き方。

「乃」はなかなか上手く見せるのが結構難しかったりします。

ゴリゴリの堅さになってしまったり、すごく太ってしまったり・・・

 

そこで「スマートさ」「達筆感」を演出する書き方のコツをお伝えします。

ポイントは【スルリと書く】です。

言葉だけでは伝わりにくいですよね( ゚Д゚)

 

動画にてお伝えしておりますのでコチラからご覧いただければと思います。

 

《チャンネル登録、高評価いただけると嬉しいです♪》

 

投稿を作成しました 13

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る